神奈川ゴットハンド整体.com » 脊椎すべり症と足の痛み

脊椎すべり症と足の痛み

脊椎すべり症にかかってしまうと、色々な症状が出ます。長時間座ったりと腰に負担のかかる動作をすることですべり症の傷みが慢性化し、またひどくなってきます。

このようなことを続けますと、足の痛みやしびれ、または坐骨神経痛などに発展する可能性も高くなります。傷みが強い場合にはやはり安静にしているのが一番ですが、早めに医師に診てもらうことも大事です。

すべり症の傷みを解消しながら保存療法を受ける方法には多くの種類があり、コルセットや鎮痛剤、理学療法やブロック療法などが主なものですが、いずれも医師の判断で決定します。

大事なのはす症状を的確に伝えることです。間違ったことを言ってしまったためにすべり症が悪化したり、治療が長引いてしまうというケースは多くあります。

やはり医師とのコミュニケーションはとても大事です。日常生活に支障があるという場合には手術をすることが多いですが、その場合も症状を的確に伝えることで手術もスムーズに進行することになるでしょう。

足に強い症状が出てしまうと歩くことができなくなったり、仕事も満足にできないというケースが多く、早めに手術をしたいと考える方も多くなりますが、入院期間、費用など、様々なチェックポイントも出てきます。

やはり早期に発見して早期に治療することが望ましいですが、急な傷みが出た後では遅かったという場合も多くなります。

できれば多少の痛みなどの違和感がでた場合でもすぐに診て貰うことが大切でしょう。治療をする上で大切なのは自分の症状をよく知ることでもあります。

医師にかかっているから、ということだけで安心してしまってもなかなかうまく改善に向かわない、ということが続けば、自分でも医師に伝えるべきことが足りないのではないか、ということを常にチェックしながらすべり症治療を進めていくべきでしょう。

腰痛はかかってしまったらまず一生付き合わなければなりませんが、自分のすべり症についてのある程度の知識を得れば、治療が進む中でだんだんと治療のコツを掴んでいくことも可能です。