神奈川ゴットハンド整体.com » 頚椎ヘルニアで入院する場合に必要なもの

頚椎ヘルニアで入院する場合に必要なもの

頚椎ヘルニアで入院する場合は、いろいろな物が必要になります。だから、しっかりと用意しておきましょう。基本的に、日常生活で使用する物を用意します。

例えば、着替えや歯ブラシなどの生活必需品。基本的には5~7日くらいの着替えがあると良いですが、それ以上に日数がかかる場合には、誰かに持ってきてもらうのがベストです。

そして、歯ブラシ関係は、病院にはありませんのでしっかりと用意してくださいね。また、スリッパも持ってくるようにしてください。いつまでも病院の物を使用することはできませんので注意しましょう。

後は、バスタオルを着替えと同じくらい持って行った方が良いです。まあ、夏場なら多少多くても良いですね。後は、ティッシュやウェットティッシュなどの使い捨てで拭けるものを用意してください。

ハンガーなどがあると便利ですね。まず、基本的に用意するものが、このようになっているでしょう。

次に何気にないと不便なものがいくつかあります。まず、イヤホンや耳栓ですね。イヤホンは単純にテレビの音を他の人に迷惑にならないようにするための物でしょう。

出来ればコードが長い方が良いですね。テレビが意外に遠い場合がありますので注意してください。そして耳栓は周りがうるさい場合が在りますので、その時に使うと良いでしょう。

後はお金ですね。テレビのカードなどを買わないといけない場合や外出する時などに必要になります。後は、各自、暇を潰せるものを用意すると良いでしょう。そして大事なのが印鑑です。何気に使う場面が多いため、持ってくるのが良いですね。

頚椎ヘルニアと言っても、基本的には他の病や怪我の時ととたいして変わりませんが長期になることが多いので、よく考えて持ってくるようにしてください。特に暇つぶしの物はしっかりと用意するようにしましょう。