神奈川ゴットハンド整体.com » エクササイズとストレッチ

エクササイズとストレッチ

五十肩や肩こりなどを患うと、エクササイズやストレッチが良いといわれますが、このふたつの違いがよく分からないのが本音ではないでしょうか。

なんとなくエクササイズは激しく、ストレッチはゆったりとぐらいのイメージしかありません。エクササイズとは、筋肉トレーニングやエネルギー消費のためにする運動です。

痩せるために行なう運動という感じがしますね。日常生活ではこのような動きはあまりしないと思います。

つまりは筋肉を使わないということですから、だんだん衰えていきボディーラインが崩れていきます。それを補強するのがエクササイズとなります。

ストレッチは、普段の生活で凝り固まった筋肉をほぐしたり、エクササイズとは反対に運動しすぎてたまった筋肉疲労をリセットさせるのにおこなうものです。

人には生活していく中で癖があります。その癖によって、体が曲がったり、猫背になったり、O脚になったりします。そこで、ストレッチにより、硬くなった筋肉をほごして、正常な姿に戻すことが目的です。

これらを考えると、五十肩にはストレッチが適しているように思います。しかし、闇雲にすれば良いわけではなく、専門家の指導のもとに行なうのがいいのでしょうが、なかなか病院や治療院に行くことが出来ない方もいらっしゃると思います。

自己流で行なうにしても、次のことを念頭において行うとよいと思います。まず、痛み起こり始めや激しい痛みがある場合は避けて安静にしておいたほうがいいでしょう。

痛みの起こり始めなどは、肩が炎症を起こしているわけですから無理な運動は悪化させる要因になります。軽めの運動からはじめ、一つの運動に偏らず複数の運動を取り入れ、短い時間でもいいですから長く維持するとです。

ストレッチをする時は、体が温まった入浴後に行なうと効果的ですが、入浴中にも軽く肩をまわしたりするのも効果的です。運動をしたことによって、痛みが強くなった場合は即中止することです。