神奈川ゴットハンド整体.com » 両変形性膝関節症

両変形性膝関節症

両変形性膝関節症というのは、変形性膝関節症を両足に発症している状態です。両変形性膝関節症を発症したら、歩くこともままならないかもしれません。

人間は左右対称にできていますが、仮に片方の脚が悪くなっても、もう片方の脚が使えるとしても、体のバランスがすでに崩れていますから、やはり両膝が悪くなる可能性が高いのです。

両変形性膝関節症の人の特徴として、両膝が内側に曲がっている場合があります。このとき、足のつま先をそろえると必ず膝のところが開いてしまい、両膝がぴったりとくっつくことはありません。

両膝に病気を患うともしかしたら、全く歩くことができなくなる可能性があります。両膝がだめになるということは、かなりのダメージです。

運動療法などの治療法を取り入れながら、治療することが必要です。高齢化が進むとこの病気になる人が増えてきますが、問題なのは歳だから両変形性膝関節症になったのだと誤って考える人が多いということです。

そして、何も対策を取らずに病院へ行って変形性膝関節症の治療を受けようとします。治療には相当な時間と完治するという強い意志が共に必要です。

運動療法が強調されているのは、実は自分の意志次第で治療できるものだからです。運動療法では、過度に膝に負担のかかる運動は、やめておいたほうがよいですが、適度に膝に負荷がかかる運動は、毎日でも行いましょう。

具体的には水泳やウォーキング、そして、自転車を漕ぐ運動です。自転車を漕ぐ運動は、膝の軟骨の細胞を刺激し、軟骨の再生を促します。継続して続けていくと、症状が悪化することはなくなります。

痛いから脚を動かさない、痛いから動かないということでは、ますます衰えていきます。老化も同時に始まっているわけですので、ダブルで足腰の弱体化が進むことになるのです。

普段運動をしない人には、かなり辛いリハビリですが、元の健康を取り戻すために頑張って続けてみてください。