神奈川ゴットハンド整体.com » ブロック注射と頭

ブロック注射と頭

神経ブロック注射と聞いてどう感じますか? おそらくものすごい痛い注射のような感じがする方は多いと思います。

しかし、実のところそうでもないのです、点滴や普通の採血の注射にくらべて針が特殊で細いのが特徴で、打つ時の痛みはそれほどではありません。

痛みの元に直接働きかけるため、即効性があります、神経への注射と聞くと失敗したら怖いと思う方も少なくないと思いますが、注射を行う専門医は熟練したプロフェッショナルが行います、でなければ安心して任せられません。

神経ブロックとは文字通り「神経の伝達路をブロックする」ということです、神経ブロックにも様々な種類があります、ほぼ体の全身に対応するブロックが存在します。

その中でも上半身(頭から胸のあたりまで)を網羅する神経ブロックを星状神経節ブロックといいます、星状神経節ブロックは咽の下のほうにあり、神経ブロック注射の中でも頻度が高いです。星状神経筋は形が星のようなのでこの名前になったようです。

この星状神経節は頭、顔、首そして胸や肺等の痛みを治療する時にこの箇所に向けて注射することになります。めまいや片頭痛といった頭の痛みや障害に対する治療に効果があります。

今までの話を聞いて、ただの強い痛み止めと感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、痛み止めと違うところは、この治療は効果が持続するというところです。

普通の痛み止めのように注射を打ってから数十分したら効果が無くなるといったものではなく、薬の効果が切れたはずなのにその効果が持続するのです、そこが神経ブロックが優れているところです。

さらに継続してブロック注射を続けることにより、徐々に注射なしでも痛みがなくなっていくところがすばらしいところです。普通の痛み止めでは徐々に効き目が薄くなったりしますよね。

特に星状神経節ブロックに対しての治療は他の神経ブロックに比べても副作用の危険性が低いですし、咽の奥への注射ですので、痛みもそれほど感じません。

腰痛をブロック注射に頼らず改善する方法