神奈川ゴットハンド整体.com » メディカルフットケアJF協会

メディカルフットケアJF協会

フットケアについて調べてみると、メディカルフットケアjf協会についての情報がよく目に止まります。協会ではフットケアの技術を広く普及させることを目的として、足や足の趾、爪のケアの基本的方法を軸とした幅広い活動を展開されています。

足のケアというと、爪切りを思い浮かべる方は多いと思います。メディカルフットケアjf協会でも爪切りは主とし、足から来る全身的な影響に注意しながら、足の健康を維持することが大切と考えているそうです。

主な活動内容として、講習会があります。医師会をはじめ、看護協会教育研修会や介護福祉士研修会、介護職及び看護職教育研修会などにおいて、フットケアの重要性やその技術の基本などについての講演を行っています。

その他には高齢者センターなどでのホームケアの講演などもされているようです。またフットケアの技術の普及のためには、講習会が大切です。

高齢者の自立を支援するためのフットケア技術のカリキュラムについては、足の状態に基づいた技術の習得などが基本です。爪の切り方や、巻き爪の対処方法、また魚の目やタコ、角質が広がった踵などのトラブルの解消方法全般の習得が可能です。

美容サロンなどでのフットケアの専門職の方や、または一般の方にもフットケアの基本方法を教える活動もされているようです。

一般の人はよく爪切りを使用して、深爪している人が多いそうです。やすりなどの使用方法を詳しく説明してもらえるチャンスはそうあるものではありません。

高齢者にとっては不適切な足の爪のケアによって転倒事故が起こったり、歩行障害になったりする例が増えていると言われています。

ロコモティブシンドロームと呼ばれる状態に陥らないためにも、フットケアは重要な役割を担っています。爪、そして皮膚や、筋肉や骨、関節について、また糖尿病の足のケアなどについての知識を深め、高齢者施設などでフットケアワーカーとして活躍されている方が増えているようです。