神奈川ゴットハンド整体.com » 頚椎ヘルニアの発病要因

頚椎ヘルニアの発病要因

頚椎ヘルニアの発生の要因は様々ありますが、その中でも、発生の要因やメカニズムは各種あります。頚椎ヘルニアは同じ姿勢で長時間いるような、姿勢に要員があるものもその一つですが、外的なショックによっても引き起こされることがあります。

頚椎ヘルニアは、髄核や、線維輪に亀裂が生じ、結合部である、軟骨板にも亀裂が入るなどして、錐体がはがれてしまうことで痛みやだるさ、しびれなどの自覚症状を伴います。

頚椎ヘルニアは加齢によっても発病の高い病気で、これは椎間板の水分が加齢によって失われ、何らかのショックや要因ではみ出した椎間板が脊髄や神経根を圧迫することによって引き起こされます。

頚椎ヘルニアの病状を緩和するためには、保存治療が用いられることがあり、患部を固定する、首に付加をかけないようにする、などの方法をとることによって、治療自体が長引いてしまうことがあります。

急性期で、痛みやしびれが強烈な場合には、ステロイド剤なのを使用することで痛みを緩和することがあります。

また、顎があがった頚椎進展位で顎を引くような、首に負担がかからない姿勢を取ることによって、症状を緩和する治療が取られることがあります。

外的ショックによって、頚椎ヘルニアとなることもあり、その場合には、小さな外的ショックであったとしても、患部が悪化して症状が深刻になることもあるため、早期の治療、安静、医師への相談が望ましいといえます。

頚椎ヘルニアと良く似た外的ショックで引き起こされる病気に、むちうち症があり、同じく首の痛みや手先のしびれなどを引き起こすことがあります。

また、デスクワークなどをしていて、長時間同じ姿勢で居続けるなどすると、病状をさらに悪化させてしまうことがあるので、注意が必要です。

仕事中に痛みが伴う、神経に触るような自覚症状である場合には、早期治療、医師に相談するようにしてください。

また、タクシー運転手のように長時間、首を動かさないような仕事では、腰の頚椎間ヘルニア同様、頚椎にも負担がかかり、要因となるため、適時、休憩をとるなど、意識してケアするようにしてください。