神奈川ゴットハンド整体.com » 頚椎ヘルニアとレーザー治療

頚椎ヘルニアとレーザー治療

頚椎ヘルニアの新たな改善方法として近年使われるようになったのがレーザー治療と呼ばれる方法です。この頚椎ヘルニア治療は別名PLDD治療とも呼ばれ、軽度から中度のヘルニアに対して非常に効果的とされています。

その名の示す通りレーザーを使用して頚椎ヘルニアの治療を行うのですが、具体的にはどのようなことを行うのでしょうか。

手術には専用の針を使用してヘルニアを起こしている椎間板に針を差し込みます。差し込んだ針の中に針よりもさらに細いレーザー発振器を入り込ませ神経を圧迫している骸軸にレーザーを照射し、椎間板内の圧力を減少させてヘルニアを解消させるという方法です。

この手術の特徴は切開の必要がなく麻酔も局部麻酔で済むため、体の負担も非常に小さく、傷跡も残りません。手術にかかる時間も非常に短く入院の必要もないため日帰りで終えることが可能です。

ですが決してデメリットが無いわけではなく、保険の適用外のため費用が少々かさんでしまい、頚椎ヘルニアの改善に効果がなかった場合は複数回することもありさらに費用がかさんでしまいます。

また、頚椎ヘルニアが大きすぎる場合や経過が長い頚椎ヘルニアの場合は手術そのものが行えない場合があったり、一般の手術でも同じことが言えますが、この手術を受けたら二度と頚椎ヘルニアにならないというわけではなく再発の可能性もあります。

そのほかにも治療を行う環境にも問題があり、手術を行える専門医の絶対数が少なく特に関東圏は人数が少ないといいます。それでもデメリットに見合う分のメリットがあるのもまた事実です。

本当はこういった方法に頼らずに安静やリハビリテーションなどでじっくり確実に治すほうが良いとされていますが、どうしても短時間で直したいという場合や痛みに耐え切れないなどの理由でこの治療を希望される方は近場に治療を行っている病院があるか探してみるのも良いのではないでしょうか。