神奈川ゴットハンド整体.com » 脊柱管狭窄症と入院期間

脊柱管狭窄症と入院期間

脊柱管狭窄症にかかって長い、あるいは症状が悪化してきて改善の兆しが見られない、というケースでは、手術や入院を考える方も多いでしょう。

また手術するにはある程度の入院期間を考慮しなければならず、仕事を持っている方などは特に脊柱管狭窄症を治すチャンスを逸することは致命的なことにもなってしまいます。

仕事が無く、脊柱管狭窄症の症状が軽いケースでさえ、このような方法を決断される方は多く、また、仕事を休まなければならない日数についてもある程度短くしたいと思うものでしょう。

手術する場合に大きく気になることがどのくらい時間がかかるのかということです。一般には脊柱管狭窄症の場合、1週間から2週間が目安になるようです。

しかし症状によってはもっと早くなるケースもあるようですし、逆にまた長引くことも術後の経過によってはありえます。

どんな名医を探したとしても、医療に絶対はありません。すぐに帰れる簡単な手術と聞かされていても、蓋を開けてみたら予想以上に悪化していたということがあるかもしれません。

また手術後の経過やそれに伴う入院期間は、病状だけでなく本人の体質にある程度左右されることもあるでしょう。

長引くことが最初からある程度予測できるように、医師とのコミュニケーションをよくとっておくことが大事です。