神奈川ゴットハンド整体.com » 理論で広める整体技術

理論で広める整体技術

ゴットハンドなどと聞くと、それは特殊な才能を持つ人の職人技的なものを想像する人が多いのではないでしょうか。確かに先駆者となる人物は、腰痛の改善方法の開発に邁進してきた、努力と経験を重ねた才能のある人なのでしょう。

しかし、それを知識や技として学ぶのには、必ずしも才能が必要なわけではありません。かただ整形外科医院の院長である片田重彦先生は、腰痛治療は科学理論に基づく手技の技術だと言います。基礎から積み重ねて学んでいけば、誰でも習得できるものだというわけです。

この方は外科医ですが、関節や骨など体のバランスのズレを治すことで腰痛を改善していくという方法は、整体の考え方に通じるものがあります。

整骨院などでの痛みの改善も考えているが、やはり医師の方が安心できるという方もいるでしょうが、そのような場合でも、手技で治療ができると考える医師を探すべきです。

というのも、本来手術が必要ないにもかかわらず、医師によっては手術を薦められてしまうことがあるからです。整形外科医として外科的手法を中心に学んだ医師の中には、目に見える故障部位だけを除去して、原因にまで目を向けることが出来ない医師もいます。

素人には、国家基準のきちんとした資格のある医師の方が安心できるように思えるかもしれませんが、外科的治療で根本治癒の難しい腰痛や肩こり、首の痛みにはかえって悪い結果となることもあります。

これは学んだ知識の方向性の違いであり、整形外科の場合にはまずMRIを取り痛みの原因となっている骨や患部を取り除くという考え方になってしまう医師が多いのは仕方のないことです。

ですので施術院に行くにしろ整形外科に行くにしろ、まずはしっかりとそこで行われている治療の方針を確認しましょう。手術方法を主に紹介しているようなところは避けて、保存療法や手技について言及しているところを考えるべきです。

また、片田重彦先生のように治療の技を後進に伝えることに力を入れている人も大勢います。そういった場合には、ご本人の直接の施術は受けられなくても、その手法を学んだお弟子さんなどの施術を受けられる場所を探してみましょう。