神奈川ゴットハンド整体.com » 広範囲脊柱管狭窄症

広範囲脊柱管狭窄症

最近腰痛の中でも多くみられる脊柱管狭窄症。その中に、広範囲脊柱管狭窄症という病名があるのをご存知だろうか?

広範囲脊柱管狭窄症とは、腰痛~腰椎の狭窄症だけでなく、胸椎や頚椎そして腰椎と、広範囲にわたって、脊椎管が狭くなってしまい、脊髄神経を圧迫し、障害をおこしてしまう病気の事をいいます。

この病気のポイントとなるのは、頚椎部や胸椎部または、腰椎部のうちいずれか二ヶ所以上の脊柱管狭窄が存在しなければ広範囲脊柱管狭窄症とは呼ばないようです。

この病気は、女性よりも男性に多く中高年の60歳代~に多くみられるようです。そしてポイントとなる二ヶ所以上の狭窄部位は、頚椎部と腰椎部の合併が七割もをしめているとのことです。

そして原因としては、先天性の場合もありますが、加齢とともに椎間板や椎間関節に変形がしょうじて、狭窄していくことが考えられています。

その他の脊柱管狭窄症の症状として間欠性破行というものがります。間欠性破行とは、少し歩くと歩くのが辛くなり、少し休むとまた歩けるようになる症状を言います。

重度の方になると、数十メートル歩くのもやっとになり、日常生活もままならなくなってしまいます。このような状態になるまでには、かなりの時間がありますので、少しでも違和感のある方は出来るだけ早めに専門機関に診てもらうことをお勧めしたいと思います。