神奈川ゴットハンド整体.com » 椎間板ヘルニアと自然治癒

椎間板ヘルニアと自然治癒

一度発症したら激しい痛みと痺れが襲ってくる椎間板ヘルニア。以前は椎間板の治療と言えば外科手術がメジャーだったのですが、最近ではブロック注射やトレーニングなどを駆使した保存療法によって治していく形が主流となってきました。

そうした方法の中でも自然治療は患者自身の自然治癒力をメインに据えたやり法で、痛みの原因を自分の体に備えている能力のみで排除してしまいます。

椎間板ヘルニアは背骨の骨の骨との間の椎間板の髄核が飛び出た状態を指し、その飛び出た髄核が神経を圧迫したり、脊椎周辺の神経を刺激したりすることで激しい痛みや痺れが発生するのですが、

その飛び出た髄核を白血球のひとつであるマクロファージが体内に侵入してきた異物とみなしてその髄核を捕食してしまいます。

そうすると今まで神経を圧迫していた部分が消滅するため痛みや痺れがなくなるのです。

これだけだと何もしなくても椎間板ヘルニアは治せるのかと思えますが、自然治癒だけに期待していても回復に時間が掛かったり、椎間板ヘルニアの状態によってはこれだけでは効果が薄いケースもあるので実際は保存療法と平行して行われることがほとんどです。

保存療法も基本的には自然治癒力をメインに据えた回復法で、ブロック注射や投薬治療は痛みが激しくて何の作業も行えないときなどに利用する場合が多く、

基本的には自身の回復能力を上げるためにストレッチやトレーニングを行ったり食事に気を使うことで、椎間板に掛かる負荷を減らしたり椎間板を強くしたりします。

このように最近では手術によって椎間板ヘルニアを治療するのは患者全体のおよそ2割ほどにまでなりました。その2割も症状が大きく悪化して下半身が完全に麻痺してしまったり、排泄障害に陥ってしまった重症患者が多く、手術を行う人は緊急に治療が必要な人がほとんどのようです。