神奈川ゴットハンド整体.com » スケルトンリフォーム

スケルトンリフォーム

最近、工事プランの中で良く耳にする言葉の一つとしてスケルトンリフォームというものがあります。

スケルトンリフォームとは、部屋を一度骨組みの状態にして、天井・壁・床の下地処理から、給排水・ガスなどの配管にいたるまで全面的にするやり方のことです。

全てをむき出しの状態にするので、劣化の箇所が分かりやすい上に、邪魔な障害がないので工事の進みも早いです。工事の際に大変なことのひとつが家の中にある障害物です。

荷物や家具などもですが、配管などの交換をする際は、床のフローリングがあるので床にもぐっての工事となりますし一部だけ交換すると古い管と新しい管では圧が変わってしまうので直していない古い管にまた故障が生じてしまいます。

スケルトンリフォームでは、すべてを新しくできるのでそんな心配もありません。戸建ての需要よりはマンションでの需要が多い工事です。

戸建てでの需要が低いのは、骨組みの状態するということはほとんど建替えと同じことなので骨組みが木で出来ている戸建ての場合骨組みである木部を残すことはあまり効果的でありません。