神奈川ゴットハンド整体.com » スポーツと鍼灸について

スポーツと鍼灸について

スポーツ鍼灸は、東洋医学の鍼灸を用いて、スポーツ障害の治療、またその予防やコンディション作りのためのトータルなケアを行う手法です。スポーツ医学にのっとった高い技術を必要とします。

筋肉の緊張の緩和や自律神経の調節、また鎮痛や免疫力の促進など、様々な作用を期待することが可能です。スポーツでのパフォーマンスを高めるためには、自分の身体の管理能力を高めることが必須です。

つまり怪我をするたびに治療を受けるのではなく、怪我をしないような身体を作っていくことが大切です。このための最適なパートナーとして、鍼灸師が広い知識を活用して施術をします。

野球やソフトボール、格闘技や陸上、ゴルフやテニスなど、幅広いカテゴリーのプロスポーツ選手がスポーツ鍼灸を利用しています。

それぞれの競技特性にあわせ、身体の柔軟性、筋力をアップさせることで、痛みのコントロールしやすい身体をつくることを目指します。

もちろんスポーツ障害を負った方であれば誰でも治療を受けることができます。野球肩やテニス肘、腱鞘炎やスポーツによる腰痛などで通われている方が多くいらっしゃいます。

スポーツ障害は日常生活にも大きな支障となる症状ですので、できるだけ早期に受けるのが理想です。一般にはオーバーユース、つまり患部を使いすぎたことが原因でスポーツ障害が起こると言われていますが、最近はフォームの矯正や基本姿勢に重点を置いた治療をする場合がほとんどです。

野球であれば投球や打撃をする際のフォームに目を向け、体力や筋力、骨の力などに合わせた最適なフォームを作ることで、より怪我をしにくい身体を作りあげることが可能です。

いつまでも消えない、違和感のある捻挫の痛みや、治りきっていない肉離れなど、様々な症状がありますが、マッサージやストレッチだけではなかなか改善できるものではありません。

そんな時こそ鍼灸治療はお勧めできます。痛みもありませんので、体験するつもりで受けるのもいいと思います。