神奈川ゴットハンド整体.com » 省エネについて

省エネについて

理想の住まいの条件のひとつは、夏は涼しく、冬暖かであること。しかしながら、省エネが大きく叫ばれる中、もう冷暖房だけに頼る暮らし方は、見直さねばなりません。

とりわけ、節電はこれからの最重要ポイントと言えるでしょう。それには、根底からの発想の転換が必要です。すなわち、そもそも住宅の本体でエネルギーの消費を少なくする工夫です。

この度合いを、住宅の「省エネルギー性能」と言います。居住空間をより快適にし、家計の負担を減らす。同時に、地球環境にも配慮した住まいを実現するためにも、省エネルギー性能を高めるリフォームは大変有効であると言えます。

省エネリフォームに興味がある方は、リノベーション費用見積比較ナビなどを利用し、リフォーム業者に相談してみましょう。

国は、住宅の「省エネ基準」を設置しており、省エネ対策の必要性の高まりとともに、順次規制を強化してきました。

省エネリフォームでの不可欠要素としては、断熱・躯体等の断熱性能・開口部の断熱性能・日射遮断・気密性・結露、これら6つの対策があげられます。

かいつまんで言えば、住まいの省エネルギー性能は、外気に接する部分の断熱・気密性と、日射の遮蔽によって決まるということです。

これらの要素は、地域により基準となる数値が異なってきます。南国沖縄・九州と、冬は寒冷の北海道ではそれも道理ですね。重要なのは、要素のどれひとつ欠かすことなく、バランス良く性能を向上させるリフォームをすること。

たとえば、ある部分だけ断熱効果が高くても、十分な効果は得られません。またたとえば、ある部屋だけ気密性を上げたりすると、かえって結露が起こりやすくなる場合も。

すなわち、リフォームの際には、地域特性を熟知した信頼できる専門家のもと、リフォーム後の性能を見きわめた適切な設計施工を行うことが大切です。

近年、省エネリフォームを一歩進めた「創エネ住宅」が注目されています。太陽光発電の設置などにより、自宅の光熱エネルギーをまかない、さらに余剰分は売ることも可能という、まさにエコ時代の住まいです。