神奈川ゴットハンド整体.com » トリガーポイントブロック注射とは

トリガーポイントブロック注射とは

トリガーポイントの意味は、腰や肩といった部分にある強く痛みを感じる点のことです。急性の筋肉の障害、例えば、ぎっくり腰などや筋肉を反復的に使う運動によって、筋肉の中には肩井しこりのような部分である緊張帯ができてしまいます。

その緊張帯の部分でも特に強く痛みを感じてしまう点がトリガーポイントと考えられます。これの厄介なことは、その周辺や少しはなれた場所にも放散する痛みの関連痛を発生させてしまうということです。

これが原因となって、肩や背中、腰の痛みが長い期間続いているような状態のことを筋筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。

そのようなトリガーポイントの治療に役立つことがブロック注射です。この注射は、腰や背中、腰などにあるトリガーポイントに対して、局所麻酔剤を注射していきます。

このブロック注射は、疾病原因を直接的に治療していくというものではないのですが、繰り返しブロック注射をしていくことで、痛みを取り除いていく効果が期待できます。しかし、ブロック注射に対して誰もが思うことは痛いと思ったり、怖いということを考えることでしょう。

しかし、ブロック注射はとても細い針を使うので安心感がありますし、注射をする深さも浅いので、患者さんは痛みを感じる間もないような感じで治療を終えることができます。

また、これには個人差があるのですが、一回目の注射を行なったことで、痛みが半分になっているということもあります。痛みが改善されたことが確認されれば、その後には、一週間に一回の間隔でブロック注射を行なっていきます。

このようにすることで、何回かブロック注射をしているうちに痛みが治まってくることも少なくありません。ですので、途中で投げ出すことをせずにしっかりとブロック注射を受けるようにしましょう。