神奈川ゴットハンド整体.com » 健康食品についての注意点

健康食品についての注意点

健康食品といえば、今ではかなりの種類があります。また、国が定める基準を満たしたものを健康食品と呼ぶのだとばかり思っている方が多いようですが、実際に国のレベルで定めている健康食品はとても少なく、その他の食品は実は健康効果がとても曖昧と言えるので注意が必要です。

通常の食材であれば値段や販売している店の状態などからそのよしあしを判断するのに対して、健康食品の場合は意外に選択することが難しい場合が多く、むやみやたらと選んでいると、中には粗悪な健康食品もあり危険であると云えます。

また、効果のある健康食品でも、食生活に偏りを招くような摂取の仕方をしていたのでは、身も蓋もない状態になってしまいます。その点においても、注意が必要でしょう。

極端な例だと、健康食品だけで一日に必要な栄養素を全てまかなうと言い出す人もいます。ですが実際には、食生活を改善していく上で、必要な量だけを健康食品で補完する、という考え方が正しい用い方だと云えます。

錠剤やカプセル等の医薬品タイプの健康食品を過剰に摂取すると健康を損ないやすいと云われています。安全性についての誤解、これについても注意をしておくことが大切です。

例えばよくある天然の食品、植物性、ナチュラル、オーガニック、などのバイブル的な商品販売は、原料についての特性を言っているだけで、その食品についての安全性を維持するためのものではありません。

特定保健用食品を除く健康食品は、特に誰からの定めもなく、無法に販売されていると考えても間違いではありません。そういった点を理解して、注意して商品を選ぶ必要があるでしょう。

また実際には健康を害する可能性の無いものも多いですが、中には有害性のある成分や食品として加工してはならないような医薬成分などを盛り込んでしまったものもあるようです。

最近では行政の立場からの呼びかけが盛んになっていますが、まだまだ消費者の側からの油断は許されない状況です。薬局で売っているサプリ、大勢が使用している健康食品など、特に安全性が高そうなもの、というような基準を設けることが大切です。