神奈川ゴットハンド整体.com » カイロプラクティックと腰痛

カイロプラクティックと腰痛

現代人にとってもっともポピュラーな身体の悩みとは何か、このように言われると多くの方が腰痛だろう、と言います。

また簡単には言いますが、日常生活や仕事など、多方面で問題を起しかねない症状を抱えている方も少なくありません。

もちろん多くの方がカイロプラクティックでも治療を受けています。背骨に由来する症状としてもっとも広範囲であり、症状も重くなりがちなのです。

ではカイロプラクティックではどのように診て、扱うのでしょう? やはりまず、カイロプラクティックの基本である身体のゆがみ、脊椎のゆがみを診て重要なポイントを見分けていくのが基本となります。

骨のゆがみを取れば、身体全体のバランスが改善され、腰にとくに重くかかっていたストレスも次第に軽減されていきます。

また、筋肉バランスの悪化にも要注意です。カイロプラクティックでは筋肉の治療も同時に行いますし、特には腹筋と背筋のバランスや強度に着目し、自然な状態でしっかりと骨をサポートできる状態に仕向けていくことも大切である、と考えてカイロプラクティック治療をします。

一般に、腰痛には再発がつきものである、と言われていますが、カイロプラクティックでは患者に対して日常生活での指導も欠かせません。

治療院ではまず姿勢の矯正のための治療をし、そしてエクササイズやストレッチなどの方法についても、患者さんごとに最適な方法を見出してから指導をし、生活と絡めながらの方法、生活指導も行っていきます。

カイロプラクティックでの治療でも、まず大切なのが早期発見、そして早期治療に他なりません。急性の場合はより早い改善が見込まれます。

具体的に、例えば通院回数については平均で数回、あるいは10回程度が目安と考えておくのが無難です。背骨が悪化するというのは、大黒柱がゆらぐのと同じことです。

また腰痛はこの影響がダイレクトにくる部位です。背骨の専門家であるカイロプラクティックで診て貰うことはかなり意義があることです。